【MLB】山口俊、メジャー3度目の登板で初の無失点 ブルージェイズは大敗

©株式会社Creative2

5番手として登板したブルージェイズ・山口俊【写真:AP】

9点ビハインドの8回に登板して無失点に抑える

■ブレーブス 10-1 ブルージェイズ(日本時間5日・アトランタ)

ブルージェイズの山口俊投手は4日(日本時間5日)、敵地でのブレーブス戦で5番手として登板し、2/3回を無失点に封じた。今季3度目の登板で初の無失点。ブルージェイズは1-10で大敗した。

7月26日(同27日)のレイズ戦、29日(同30日)のナショナルズ戦と、デビュー2試合連続で延長タイブレークでの登板だった山口。2試合続けて負け投手となる悔しいメジャーでのスタートを切っていた。

6日ぶりの登板は8回途中からマウンドへ。この回から登板していた4番手のフォントが5安打を集中されて4点を失うと、1死二塁の場面でマウンドへ。いきなり暴投で走者を三塁に進め、ライリーには四球を与えて一、三塁にピンチを拡大したが、アルビーズを二飛、フラワーズを左飛に打ち取り、窮地を切り抜けた。

チームは大敗したものの、山口にとってはメジャー3試合目の登板で初の無失点。今季の成績は0勝2敗で防御率21.60となった。(Full-Count編集部)