延べ65万名以上が乾杯!在京ラジオ5局横断オンライン飲み会

©株式会社ジェイプレス社

TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送、TOKYO FM、J-WAVEでは、8月3日(月)に在京ラジオ5局を横断して『ラジオ5局オンライン飲み会~みんなで飲もう一番搾り~』を開催した。オンライン飲み会に先駆けて、18:00~19:00には各局がそれぞれ一番搾りに合わせたテーマで特別番組を生放送。局の垣根を越えて、“裏番組”に電話を繋ぐなどのコラボレーションも実施され、オンライン飲み会スタートに向け、盛り上がりました。21:00~開催された在京ラジオ5局横断オンライン飲み会では、各局のパーソナリティがZoomを繋ぎ、その様子をTwitterで生配信。各番組のリスナーが集結し、延べ65万名以上が参加。パーソナリティ同士の番組裏話や共通ハッシュタグ「#今こそラジオと一番搾り」も盛り上がり、各局のパーソナリティとリスナーがみんなで一緒にビールと楽しい時間を過ごした。

関東地方も梅雨明けとなり、例年であれば仕事仲間や友人たちと大人数でわいわい暑気払いに繰り出していたはずなのに、今年はなかなかできない…。そんな2020年の夏、在京5局のパーソナリティとリスナー延べ65万名が乾杯するという、オンラインだからこそ実現した一夜限りのスペシャルなイベントは大盛況となった。

オンライン飲み会は21:00にスタート。TBSラジオからはライムスター宇多丸、文化放送からは柴田阿弥、ニッポン放送からは松本明子・磯山さやか、TOKYO FMからは浜崎美保、J-WAVEからはDJ DRAGON、マリエが参加するという、初の5局を横断した合同開催に、各局のリスナー延べ65万名以上が参加。一番搾りを片手に、オンラインならではの延べ65万名との乾杯が実現した。

乾杯後は、それぞれの番組リスナーへ向け、各パーソナリティが自身の番組を紹介、また、一番搾りに合うおススメのおつまみを紹介し合うなど和やかな雰囲気で飲み会スタート。さらに、特別企画としてラジオにまつわるお題を設けた「ラジオサミット」を開催した。「スタジオにケータリングはある?」というお題には、柴田阿弥「文化放送は、最初は何もなかったんですが、あるゲストが『水もないねえ』と言ったらその次から水と個装のお菓子が1種類だけ出るようになりました」/ライムスター宇多丸「TBSラジオは、日にも寄るけど、おにぎり、サンドイッチが中途半端にぽろぽろ出てくる…あとラジオなのに何故か(食べる時に)音がするスナックがある…!」などと、各局事情を暴露。J-WAVEの順になると一同から「J-WAVEはオシャレなんでしょう。マカロンとか出ちゃうんでしょう?」と各局から一斉にツッコミが。それに対しDJ DRAGONは「『GROOVE LINE』はピストンさんがお煎餅を買ってくる」と意外な回答、マリエは「おにぎりとか、サンドイッチとか、フルーツがあって、番組名が『SEASONS』なので今のシーズンにあうフルーツをスタッフが用意してくれていたと、さっき知りました」と回答し、一同からは「やっぱりJ-WAVEだ…!」と納得の声が。

そして、浜崎美保は「実は…、TOKYO FMは何もないんです…。毎日放送してるけど何も出ません…水も自分で買うので、スタッフに今この各局の事情を聴いてほしいです。あと、お土産をもってきても誰も手をつけてくれない…」と嘆きの暴露。また、「生放送中のハプニング」というお題には、松本明子が「『ビバリー昼ズ』の前日に大阪でロケがあったのですが台風で新幹線が止まってしまい、車で新大阪からニッポン放送に向かいました。スタジオには間に合わなくて…、車から電話で出演中に、何故か偶然、俳優の柄本明さんが通りかかって出演してもらったことがあります。」とエピソードを披露。そしてその後も、これまでに一番嬉しかったゲスト、実はこの局に出演したい、など、普段は番組同士でも、リスナーとしても知りえない各局の「裏側」情報を披露しあうなど、お酒の席だからこそ話せる、“飲み会トーク”は大変な盛り上がりとなった。

エンディングは通常、各番組がそれぞれお決まりの“締めゼリフ”で終了するが、このイベントは「一番搾り大好き!」で締めくくり、各パーソナリティが「またやりましょう!」と感想を述べながら終演となった。

【企画概要】

◇タイトル:『ラジオ5局オンライン飲み会~みんなで飲もう一番搾り~』

◇放送局 :TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送、TOKYO FM、J-WAVE

◇実施日時:8月3日(月)

特別番組18:00~19:00 ※同時間帯に各局がそれぞれテーマを設け特別番組を生放送

オンライン飲み会 21:00~

実施Twitterアカウント @5959radio_5 

共通ハッシュタグ #今こそラジオと一番搾り