秋山翔吾との出会いで知った“限界” 24歳で引退した元西武野手の決断と第2の人生

©株式会社Creative2

今季から西武のアカデミーコーチを務める金子一輝氏【写真提供:西武ライオンズ】

17年の自主トレから秋山翔吾に弟子入り、19年オフに戦力外通告を受けた金子一輝さん

西武ライオンズは、埼玉県内5か所でアカデミーを開校している。コロナ禍の影響で授業が中断していたが6月から順次再開され、今年からアカデミーコーチに就任した金子一輝さんも、新たな人生をスタートさせた。

神奈川・日大藤沢高から13年のドラフト4位で入団。5年目の18年5月に1軍に初昇格し、プロ入り初安打となる本塁打を放つなど、6試合で14打数5安打の成績を残した。しかし、6月に降格後は再び1軍の舞台に立つことはなく、19年オフに戦力外通告を受けた。

「1軍で感じた課題、特に追い込まれてからのバッティングに取り組んでいました。でも、一度ずれた感覚が戻らなかった。映像で照らし合わせてみても、大きく変わっているところはないので、細かいところが少しずつずれていって、答えが見つからないままでした。最後の年も、本当に悩みながらやっていました」

17年の自主トレから、秋山翔吾外野手(現レッズ)に弟子入りし、野球に対する意識が変わった。それまでとは比較にならない練習量をこなすようになり、常に「今年ダメなら終わり」という覚悟でシーズンに臨んでいた。それでも、1軍での出場は6試合に留まり「もしかしたら……」という考えが頭の片隅にはあった。そのため、戦力外を通告されても驚くことはなかった。

「悔しい気持ちは当然ありました。でも、やり切ったという気持ちが大きかったので、トライアウトを受けようとは思いませんでした。秋山さんとの自主トレをきっかけに、心を入れ変えられた。もし変わらずにずるずるやっていたら、まだ自分はできるんだと勘違いをして中途半端なまま野球を続けていたかもしれません。5年目、6年目は誰よりも練習したと言える。『これだけやってダメだったら才能がないんだ』と考えるようにしていました。なので、きっぱり諦めることができました」

今季から西武のアカデミーコーチを務める金子一輝氏【写真提供:埼玉西武ライオンズ】

24歳で引退を決断、両親はトライアウトを進めたが「ここで区切りをつけたい」

24歳で引退を決断。両親はトライアウトを受けることを勧めたが「ここで区切りをつけたい」と、時間をかけて説得した。しかし、新たにやりたいことが決まっていたわけではない。「終わりかもしれない」と感じてはいたが、次を考えることはしていなかった。

「不安は常にありました。でも、シーズン中に『こういう勉強して準備をしよう』というのは違うなと思っていました。プロ野球選手には、なりたくてもなれない人がたくさんいる。そういう人たちのためにも、選手である以上『終わり』と言われるまで、できることをしっかりやり、ひたすら頑張ってきました。今後のことはゆっくり考えようと思っていた時に、球団からアカデミーコーチのお話をいただきました」

オフの日には体が動かなくなるほどに練習に打ち込んだが、1軍で活躍することはできなかった。それでも、努力を重ねて結果が出た時の嬉しさは格別だった。その思いを、アカデミーの子供たちに伝えたいと思っている。

「入団した時は、プロにいるレベルの選手ではなかった。自分が一番下手だったと思います。5年という時間はかかったけど、自分なりに努力して練習して、少しだけですけど1軍で結果を残すことができた。努力したからこそ、幸せな瞬間があったのだと思います。地道に続けていくことが大事だということを伝え、上手くなったと実感できる瞬間を作ってあげたいと思っています」

アカデミーでは感染症対策のためオンライン授業も導入された。慣れないパソコンの操作に戸惑いながらも、子供たちの上達の速さにやりがいを感じている。

「オンライン授業では、自分が経験してきたことや、やったほうがいいことなど、言葉でも伝わることを教えています。例えば『守備は打球がくる時だけでなく、前の段階でしっかり準備をするように』など、気持ちの部分が多いです。やっと通常の授業も始まったので、技術も面と向かって指導ができるようになりました。改めて野球は楽しいなと実感しています」

努力を重ねて掴み取った1軍の舞台。金子さんはその経験を誇りに、これまで同様悔いの残らない人生を送るため、子供たちと全力で向き合っている。(篠崎有理枝 / Yurie Shinozaki)