嵐が5Gでやりたい事を告白!相葉雅紀、VRで嵐ライブ体験「手を伸ばしたら届きそう」

©株式会社フジテレビジョン

嵐(大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤)が8月5日(水)、都内で開催された「ソフトバンクと嵐の5Gプロジェクトに関する発表会」に5人揃って登壇。5Gを使った新コンテンツを体験したり、 5G でやりたいことを明かした。

今回、ソフトバンクが5G(第5世代移動通信システム)時代を見据えた新しいエンターテインメントの可能性に挑戦するプロジェクト「5G LAB」を広めるパートナーを務めることになった嵐。「5G LAB」でも、嵐が出演するコンテンツがリリースされることに。

「5G LAB」の自身の好きな視点でエンターテインメントを楽しむことができる「FR SQUARE」。同サービスでは、ステージの正面だけでなく横側や好きな場所から映像を楽しめるマルチカメラや、お気に入りのメンバーを選んで視聴できる“推しカメラ”など、さまざまな角度から映像を楽しむことができる。

二宮は大野を“推し”「大野さんは歌っていないときに休むクセが…」

嵐が早速、自身のヒット曲「Love so sweet」の映像を「FR SQUARE」で楽しむことに。二宮がスイッチングを試すが、司会者から推しメンバーを聞かれると、大野の映像をピックアップ。そして「大野さんは歌っていないときに休む癖があるので、そこをチェックしとこうかなと」と理由を告白し、メンバーは爆笑。

櫻井は「そういうのも、わかっちゃうってことだよね。踊りの間違いとかもバレちゃう」としみじみ明かすと、大野も「休むの難しくなるね…」と苦笑い。

それを受けて、二宮が「曲中でも誰かと誰かがやり取りしているのを、自分で探すことができすよね」とファンへ新たな提案を。

360度から嵐が見られる新たな体験に相葉が興奮!

櫻井も「オリジナルのカット割りができそうだね」と同意すると、松本も見る人が視点を選べることになることを「新しい感覚ですよね」と言い、「今まではこちらが提案したカットや見せたい画角を、見る方に委ねるということなので、モノを見る見方がどんどん変わっていくんだろうなと思います」と新たな可能性に期待を寄せた。

また、ライブやスポーツを目の前で広がっているような臨場感を楽しむことができる「VR SQUARE」も体験。今回、相葉がVRゴーグルをはめ、嵐の映像を堪能することに。

相葉は360度から嵐を見ることができる新たな体験に、「何これ!すごい!!」と終始、興奮気味。

左から)櫻井翔、二宮和也、松本潤、大野智、相葉雅紀

また、「嵐と一緒に普段踊ってるじゃないですか?その距離感よりも近いんですよ」と感想を明かすと、松本から「嵐と一緒に踊ってるって、あなた嵐でしょう?」とすかさず突っ込まれ、照れ笑い。

めげずに、「一緒のステージにいれてるみたいな。手を伸ばしたら届きそうな感じの迫力があります。どこ見ても嵐いるし。ライブを見に行った時に、自分の好きなところを見るけど、それができる。しかも、床があって上も空で。えっ!欲しい!!これでスポーツやライブを見たら絶対楽しいと思う」と絶賛していた。

5Gを使って嵐がやりたいことは?

イベントでは、嵐が考える5Gでやりたいことを発表する一幕も。二宮は「5Gでなんでもドローン」と答え、「家だけでなく、自分の好きな所にモノが届くのはすごく魅力的。やってみたいというより体験してみたい。空は無限に可能性があるのでそこを使って、5Gきっかけで日常を贅沢に豊になったらいいと思う」と期待を。

大野は「5G大野智の史上初!たぶん誰もやっていないキャンプ」。「僕、キャンプも実際やったことないんですけど」と苦笑いしつつも、「VRで普段行けない所にも、家にいながらでも行ける。虫もでないし、くまも出ないし、安心してできるじゃないですか」とコメント。

松本から「もうそれでいいんじゃないですか?」と言われると、「1回は行きます」とはにかみながら、まずはキャンプに行くことを宣言した。

相葉はトレーニングの一環としてるというキックボクシングの5G武者修行を提案。「教えていただいて、自分が強くなってきたらバーチャルで戦えたら」と願望を明かし、「いわゆる格闘ゲームがリアルにできるんですよ。叩かれても痛くないのは魅力的ですよね。有名なボクサーと戦ってみたい」と期待。

櫻井は「5Gスマホ病院」といい、「離島の方や外出が難しい方が、5Gの技術を使って治療が受けられたら安心感が増すと思う。可能性が無限ですよね」と他のメンバーとは違った切り口での提案を。

左から)櫻井翔、二宮和也、松本潤、大野智、相葉雅紀

松本は、「5Gパーソナルバーチャルトレーナー」と答え、「違う場所にいる人にリアルタイムで教えていただくことができる。外国にいる一流のトレーナーの方に直接レッスンを受けたり、自分がその場に行かなくてもできることが飛躍的に増えるんじゃないかなと。例えば、ダイヤモンドヘッドが見える現地で走ってみたりとかもできますし、海外の方とリアルタイムで一緒に新しいことができたりしますよね」と笑顔を見せた。

イベントでは、プロジェクト第1弾となる、嵐とファンがリモートで合唱した「5G バーチャル大合唱篇」の新CMもお披露目に。

最後に、松本が「合唱にたくさんの方が参加してくれて感謝しています。今までに見たことなのないコンテンツをたくさん作っていきたい。これからインフラが整っていく中で、できることは飛躍的に増えてくる。まさに見たことのない新たな景色をみんなと一緒に作っていきたいし、僕らも楽しんでやっていきたい」と宣言し、締めくくっていた。

嵐の「FR SQUARE」は8月7日から、「VR SQUARE」は8月14日から配信を予定している。