米津玄師の楽曲、サブスク配信がスタート 「ハチ」名義含み注目楽曲は?

©株式会社ジェイ・キャスト

歌手の米津玄師さんは2020年8月5日、これまでに発表してきた楽曲を各種音楽サブスクリプションサービスで配信開始した。多数の楽曲を生み出してきた米津さん、SNSではどの楽曲が話題となったのだろうか。

公式サイトより

複数曲がツイッターのトレンド入り

ツイッターのトレンドには最新曲「カムパネルラ」や、ボーカロイドで制作されたオリジナル楽曲「病棟305号室」がトレンド入りした。「カムパネルラ」は2020年8月5日リリースの最新アルバム「STRAY SHEEP」に収録されており、同日MVもYouTube上で公開された。9時台のツイッター上では、トレンド1位を果たすなど大きな反響を呼んでいる。

一方で「病棟305号室」は、ボーカロイドプロデューサー(ボカロP)としての「ハチ」名義で制作された曲。合成音声ソフト「VOCALOID」の初音ミクが歌うもので、2010年に公開された。そんな約10年前の曲にも関わらず、一時はトレンド2位まで浮上し、「カムパネルラ」を追い抜くこともあった。というのも今回、サブスクリプションサービスで配信される楽曲は、2010年に「ハチ」名義で発表したアルバム「花束と水葬」から、「STRAY SHEEP」までが対象となっているからだ。同曲を懐かしむ声が多数あがった。

ほかにはどのような楽曲が注目されているのだろうか。SNS分析ツール「ソーシャルインサイト」で、2020年5月8日から8月5日昼過ぎまでに書き込まれた「米津玄師」もしくは「ハチ」を含むツイート約112万件を見ると、この3か月で最も共起された名詞は「感電」だった。TBS金曜ドラマ「MIU404」主題歌として書き下ろされた曲名で、7月10日にMVが公開されていた。続いて現れる曲名は、「カイト」、「パプリカ」だった。

「カイト」は、米津さんが作詞・作曲を務め、ジャニーズアイドルグループ「嵐」が歌う楽曲。東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて「NHK2020ソング」として用いられていた。こちらは「嵐」通算58枚目のニューシングルとして、7月29日に発売された。「パプリカ」もNHKの企画で、米津さんが作詞・作曲、プロデュースを務めたものだ。児童ユニット「Foorin」が歌い、ダンスなどで話題となった。こちらは2018年にリリースされて以来、ロングヒットを記録している。

ニコニコ動画で「殿堂入り」を果たした曲の数々

最新の楽曲が話題となっているが、「病棟305号室」のような「ハチ」名義のボーカロイド楽曲も根強い人気を誇っている。カラオケ店の人気ボーカロイド楽曲には、「ハチ」の楽曲が多数ランクインしているほか、テレビ番組などでボーカロイドが話題となると「ハチ」さんの楽曲も話題となることは少なくない。というのも、「ハチ」さんは2009年から動画サイト「ニコニコ動画」に投稿を開始して以来、9本もの「殿堂入り」楽曲を生み出した伝説的ボカロPだったからだ。

「殿堂入り」は、ニコニコ動画内で100万再生を果たしたボーカロイド楽曲を指す。米津さんは「ハチ」として、「結ンデ開イテ羅刹ト骸」、「マトリョシカ」、「clock lock works」「パンダヒーロー」、「Mrs.Pumpkinの滑稽な夢」、「リンネ」、「ワンダーランドと羊の歌」、「vivi」、「WORLD'S END UMBRELLA」の9つの曲を「殿堂入り」させた。このような殿堂入り楽曲は現在、ニコニコ動画上のボーカロイド専門ページでボーカロイド初心者向けにも紹介されている。

今回のサブスクリプション解禁で、「ハチ」さんの楽曲も幅広い層に届くことになるかもしれない。しかし、ニコニコ動画上にはまだ配信されていない「ハチ」の楽曲も多数ある。