【高校野球】「1番・捕手」で2安打1盗塁 プロ注目の古谷将也擁する成田がコールド発進

©株式会社Creative2

成田・古谷将也【写真:佐藤佑輔】

「1番・捕手」という珍しいオーダー、初回には盗塁も

高校野球の千葉大会は5日、大谷津運動公園野球場などで2回戦が行われ、成田が12-0の6回コールドで富里を破り3回戦へ駒を進めた。プロ注目の成田・古谷将也はこの日「1番・捕手」で先発出場。4打数2安打1四球1盗塁の活躍でチームの勝利に貢献した。

初回にストレートの四球で出塁すると、すかさず二盗を決めチャンスを演出。3番松本憲信内野手の右前適時打で先制のホームを踏んだ。打線はこの回、5番坂本涼内野手の3ランなど打者一巡の猛攻で一挙5得点。その後もじわじわと点差を広げた。

捕手としても先発の石田慶一投手、2番手鳳人投手を好リードし相手打線を3安打無得点に抑えた古谷。9球団のスカウトが見守る初戦で、上々のスタートを切った。(佐藤佑輔 / Yusuke Sato)