FANTASTICS・佐藤大樹が「恐怖新聞」で殺陣やベッドシーンに挑戦

©株式会社東京ニュース通信社

EXILEおよび、FANTASTICS from EXILE TRIBEのメンバーである佐藤大樹が、8月29日スタートのフジテレビ系連続ドラマ「恐怖新聞」(土曜午後11:40=東海テレビ制作)に出演することが分かった。

1970年代にオカルトブームの火付け役となった漫画家・つのだじろう氏によるオカルト漫画の金字塔を、「リング」などを手掛けてきたジャパニーズホラーの名手・中田秀夫監督が映像化。不幸を予告する恐怖新聞におびえる主人公の女子大生・小野田詩弦を白石聖、その母・小野田歌子を黒木瞳が演じる。

佐藤が演じるのは、バイトを三つ掛け持ちしているフリーターの松田勇介。デリバリーサービスのバイトをしていて出会った詩弦と恋に落ち、恐怖新聞と関わるようになる。不条理な状況下の中で、勇介自身が潜在的に持っていた弱さやエゴが浮き彫りになり、それが複雑な人間関係を生む。劇中では殺陣やベッドシーンもあるという。

佐藤は「まさに“奇跡のタイミング”でした。久々の連ドラ出演で、初のホラー作品。何より素晴らしい共演者の方々と一緒にお芝居ができることが、率直にうれしかったです」とうれしそうで、「僕自身、ホラー作品を見るのは好きなのですが、根っからのビビりで…でも、お化け屋敷は怖いけど入りたがるタイプ。そんな自分が『恐怖新聞』に挑戦することで、また一つ役者としてもステップアップできそうです」と気合十分。「勇介は、いろんな恐怖や試練に立ち向かう詩弦を側で支えようとする、真っすぐで、爽やかで憎めないキャラクターになれば。セリフをさらっと言うのではなく、一つ一つ立てて、分かりやすく、聞き取りやすくということを意識しています。次から次へと恐怖や不幸が続くなかでも、詩弦と勇介のシーンでは、ニコって笑えるような穏やかなシーンやキュンとするようなシーンになればいいなと思っています」と語る。

さらに、中田監督の演出については「今の○倍オーバーに!や、2人の距離を今より○m縮めて!など、よく数字を用いてアドバイスをくださいます。僕はダメ出しとかをドンドン言ってもらいたい“M役者”なので、指導してもらってうれしかったです」と報告。

そして、放送に向けて「『恐怖新聞』ほど、展開の読めないドラマは初めてです。設定もぶっ飛んでいて、挑戦的で、最後は『お見事!』という感じになっています。土曜の深夜、『そろそろ寝ようかな?』と思いながらふとテレビをつけた人が、『ちょっと待てよ!?』と眠気が覚めてしまうようなドラマだと思います。予想もできないような展開が次々とやってきます。ぜひ、楽しみに待っていてください!」と力強くアピールしている。

なお、ドラマのために書き下ろされたTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEの新曲「FEARS」が主題歌に決定。イントロから鳴り響く不穏なピアノの音色とともに幕を開け、終始張り詰めた緊張感とスリリングに展開するトラックは聴き手の心をつかみ、ダークな世界へといざなう楽曲となっている。そして、歌詞で訴えられるのは「見えない存在への恐怖」。未知の状況下で誰もが心に不安や憂いを抱え、あがき苦しみながらも、明るい未来を願い前を向いて生きていく…。現代に生きる人々の心を代弁するように思いを込めたボーカルワークにも注目だ。