中国、米長官台湾訪問に断固反対

公的な往来しないよう要請

©一般社団法人共同通信社

記者会見する中国外務省の汪文斌副報道局長=5日、北京(共同)

 【北京、ワシントン共同】中国外務省の汪文斌副報道局長は5日の記者会見で、トランプ米政権が発表したアザー厚生長官の台湾訪問に「断固反対する」と述べ、公的な往来をしないよう求めた。米国は今回、新型コロナ対策での連携を訪問の名目に掲げているが、対中圧力の強化を狙う。米中対立が台湾に拡大し、地域の緊張が高まる恐れがある。

 米政権は4日の声明でアザー氏が「トランプ大統領に代わって台湾高官と会談する」と説明し、ハイレベルの代表団である点を強調。「独裁体制」と対比する形で米台の「自由で民主的な社会」の価値に言及し、名指しは避けながらも中国への対抗心を強くにじませた。