イカルディ、ビダル、ディバラ…サッカー選手のお気に入りアーティスト5選

©フットボール・トライブ株式会社

写真提供: Gettyimages

サッカー選手がバスを降りてスタジアムに登場する時、耳にイヤフォンを付けていることが多い。緊張をほぐしたり気持ちを高めたりするために、お気に入りの音楽を試合前に聴くことは有効とされている。

しかし、選手たちがどんな音楽を聴いているかは、なかなか明らかにされない情報だ。

今回はサッカー選手のお気に入りアーティスト5選を探ってみよう。どうぞお楽しみください。


フランチェスコ・トッティ 写真提供: Gettyimages

トッティ

お気に入りアーティスト:クラウディオ・バリョーニ

1992年から2017年にかけてローマに所属し、キャプテンとして同クラブの歴史を描いたFWフランチェスコ・トッティ。彼の大好きなアーティストはイタリア国内で大人気のシンガーソングライター、クラウディオ・バリョーニである。

トッティはバリョーニに大きな借りがあるようだ。彼が作ったラブソングがきっかけで、妻のイラリー・ブラージと恋に落ち、二人は未だに新婚のような生活を送っている。

バリョーニ家とトッティ家は、何度か一緒に夏休みを過ごしたほど仲がいい。バケーション中バリョーニは、トッティ夫婦のためだけに歌うこともあるという。


マウロ・イカルディ 写真提供: Gettyimages

イカルディ

お気に入りアーティスト:ワン・ダイレクション

パリ・サンジェルマン(PSG)所属のFWマウロ・イカルディは、様々なジャンルの音楽を聴いているようだ。試合の前には大抵ラテン音楽で集中を高め、プライベートではポップスやジャズでリラックスする。

そんな音楽好きのイカルディが最も好むアーティストは、イギリス出身のポップスバンド、ワン・ダイレクションである。自宅で妻のワンダと食事を楽しむ際は、同バンドの音楽を欠かさないという。

ワン・ダイレクションは2013年に来日しており、有名テレビ番組『ミュージックステーション』にライブ出演した。日本でよく知られている曲は『めざましどようび』の主題歌となった「Live While We’re Young」である。


ビクトル・バルデス 写真提供: Gettyimages

バルデス

お気に入りアーティスト:AC/DC、ガンズ・アンド・ローゼズ

元バルセロナのGKビクトル・バルデスが好きなジャンルはロックで、最もお気に入りのバンドが2つある。オーストラリア出身のAC/DCと、アメリカ出身のガンズ・アンド・ローゼズだ。

バルセロナの監督がジョゼップ・グアルディオラだった頃(2008-2012)は、音楽に関する習慣があったようだ。グアルディオラはコールドプレイの大ファンで、選手の集中を高めるためにバスの中で同バンドの音楽を流していた。しかし、バルデスは自分のMP3プレイヤーでこっそりと好みの曲を聴いていたという。

ちなみに、バルデスに憧れ 「Victor Valdés(el numero uno)・ビクトル・バルデス(ナンバー・ワン)」という曲を作曲したホアキンという無名なロッカーもいる。

アルトゥール・ビダル 写真提供:Gettyimages

ビダル

お気に入りアーティスト:セリア・クルス

あまり知られていないが、バルセロナ所属のMFアルトゥーロ・ビダルには面白いニックネームが付けられている。それは「セリア・パンク」だ。

2005年から2007年にかけて、ビダルは母国チリリーグのコロコロでプレーしていた。すでに現在のようなパンクな髪型で、キューバ系アメリカ人のサルサ歌手セリア・クルスが大好きだったという。それによって上記のニックネームが誕生したようだ。

国際的に有名なセリア・クルスは 「サルサの女王」「キューバのワラチャ女王」「ラテン音楽の女王」 というニックネームでも知られている。2003年7月16日に永眠されたが、彼女の音楽の人気は未だに止まらない。


パウロ・ディバラ 写真提供:GettyImages

ディバラ

お気に入りアーティスト:リアーナ

ユベントスのアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラは、ダンス・ポップという音楽ジャンルを好み、最も好きなアーティストはバルバドス出身の女性シンガーソングライター(及び女優、モデル)リアーナである。

あるインタビューで好きな音楽を聞かれたディバラが「僕の一番好きなアーティストはリアーナで、彼女のコンサートによく顔を出しています」と答えている。

さらにリアーナはサッカーに興味を持ち、ディバラとは友人関係であるようだ。2019年11月27日にアリアンツ・スタジアムでチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ、ユベントス対アトレティコ・マドリードの試合を観戦し、試合後はディバラと時間を過ごしたという。