TikTok、偽情報対策を強化 米大統領選控え

©ロイター

[5日 ロイター] - 中国・北京字節跳動科技(バイトダンス)傘下の短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」は5日、11月の米大統領選を控え、偽情報を制限するポリシーを強化すると明らかにした。

ティックトックは、「外国からの影響」回避に向けて米国土安全保障省の専門家と連携しているほか、選挙に絡む偽情報の可能性を検証するため、ポリティファクトやリード・ストーリーズなどとの提携を拡大する方針を示した。

同社のプラットフォーム上では政治広告の掲載は禁止されている。

ティックトックを巡っては、議会やトランプ政権が国家安全保障を巡る懸念を表明。これまでにマイクロソフトがティックトックの米事業買収で交渉を進めているが、トランプ大統領は今週、買収合意が成立しなければ9月15日付で運営を禁止すると表明している。