【新型コロナ】県内で新たに81人の感染を確認 2日連続80人超

©株式会社神奈川新聞社

マスク(イメージ)

 新型コロナウイルス感染症を巡り、県内で5日、新たに10歳未満~80代の男女81人の感染が明らかになった。横浜市では感染していた70代男性が死亡し、県内の死者数は累計100人となった。1日当たりの感染者が80人を上回るのは2日連続。81人のうち47人が感染経路不明という。

 横浜市によると、亡くなった男性は以前から間質性肺炎を患っており、自宅で寝たきりに近い状態で過ごしていたという。市は自宅での濃厚接触者を中心に感染経路を調べている。

 市では、市内クリニックの40代男性医師、茅ケ崎市職員の50代女性の感染が判明。特別養護老人ホームで働く20代男性介護士の陽性も分かり、市はホームに調査チームを派遣する。

 保土ケ谷署の40代男性巡査部長の感染も確認された。県警によると、男性は交番勤務で、署内で陽性が判明していた男性巡査の濃厚接触者という。

 厚木市では県内の医療機関に勤務する40代男性医師、相模原市ではリハビリテーション業務を担当する30代医療従事者の男性の感染がそれぞれ確認された。