決算を読む 三重交通GHD 20年4~6月期 コロナ直撃、13年ぶり赤字 移動自粛でバス利用客減 通期予想は引き続き未定

©株式会社中部経済新聞社

 三重交通グループホールディングス(本社津市)が5日発表した2020年4~6月期の連結決算は、経常損益が13億2100万円の赤字(前年同期は21億8600万円の黒字)となった。新型コロナウイルス感染拡大に伴う移動の自粛が直撃し、主力の運輸を中心に流通、レジャー・サービス事業などで軒並み利用客が減少。13年ぶりの赤字となった。21年3月期の通期予想は引き続き未定とした。