してやったり!フラム、昇格を導いた「サプライズ超ロングFK」がこれ

©株式会社コリー

4日に行われた昇格プレーオフでブレントフォードを相手に勝利を収め、1年でのプレミアリーグ復帰を決めたフラム。

この試合は0-0のままで90分を消化し、決着は延長戦に持ち込まれた。膠着した状況を変えたのが、105分に生まれたこの場面。

40メートル以上はあろうかという場所からのフリーキックを得たフラム。キッカーのジョー・ブライアンは、誰もがクロスを予想する中…(動画7:09~)。

動画を見たい場合はここをタップ!

ゴール左隅に狙いすましたシュート!

これがネットを揺らし、拮抗した勝負を動かしたのだ。ブレントフォードGKダビド・ラジャがかなり前に出ていたため、それを完全に裏をかいた形だ。

なお『The SUN』の報道によれば、ジョー・ブライアンはスコット・パーカー監督からこのキックを狙うよう直前に指示をされていたという。

【関連記事】「チラベルやセニの後は俺たちだ」現代でも得点をあげ続けているゴールキーパー達

フラムはこのゴールで先制したあと、さらにジョー・ブライアンが得点を追加。試合終了間際に一点を返されているが、2-1で勝利しプレミアへの昇格権を獲得している。