仕事も運動も呑みも...自宅でもっと快適に 大空間・大開口の「ファミリー スイート おうちプレミアム」発売

©株式会社ジェイ・キャスト

住宅メーカーの積水ハウス(大阪市)は2020年8月4日、コロナ後の暮らしをテーマとしたライフスタイル提案を盛り込んだ戸建住宅の新コンセプトモデル「ファミリー スイート おうちプレミアム」(以下、本モデル)を発売した。また、同日には同コンセプトモデルのオンライン記者発表会も行われた。

先進技術により実現した大空間・大開口リビング

ターゲットは「ミレニアル世代」

高い耐震性・断熱性と設計自由度、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)にも対応可能な同社の先進技術によって実現した大空間・大開口構造の住宅モデル。鉄骨2階建て住宅では、1階は梁型(天井下がり)が出ずにすっきりとした天井処理が可能な「新ダイナミックビーム」を新たに採用。高い耐震性能を備えつつ、最大スパン7メートル、2階は「ダイナミックルーフ」によって最大スパン10メートルの、柱や壁で遮られることのない大空間リビングが実現できるという。

同社商品開発部の担当者は発表会の中で、大空間リビング「ファミリー スイート」のターゲットを「型にはまらない、自分たちらしい暮らしを望むミレニアル世代」であるとし、特に「若い共働きの家族を想定」していると説明。柱や壁などの仕切りがない大空間を生かし、子どもの成長やライフスタイルの変化などに合わせて自由なスペースの使い方ができるとのことだ。

「思いのままに暮らせる『幸せ』を家中に」

また、本モデルにはコロナ後の暮らしに合致した様々なライフスタイル提案も盛り込まれている。家具の配置や余白スペースの活用により、「在宅ワーク」や「おうちでフィットネス」、「うちdeバル」といった、これまでは外でしてきた仕事や運動や呑みなどを、自宅でもっと楽しく手軽にできるようにしようという新提案だ。

同社住生活研究所の担当者は、本モデルの最大の特徴は「LDKも個室も、1階も2階も、室内も屋外も、思いのままに暮らせる『幸せ』を家中に広げていく」ことだと説明。「これからも幸せな住まいの検証を続けていく」と意気込みを語った。

このほか、本モデルでは顧客自身で住宅プランを作成してSNSで発信したり、360度ビューVRの作成依頼をしたりできるウェブツール「おうちで幸せプランニング」も提供している。

価格は3.3平方メートル当たり69万5000円(本体のみ・税抜)から。詳しくはこちらまで。