水溜りボンド「日本だったらぶん殴られるよ」海外のドッキリ動画に衝撃

©株式会社ニッポン放送

7月30日(木)深夜、YouTuber・水溜りボンドのトミーとカンタがパーソナリティを務めるラジオ番組「水溜りボンドのオールナイトニッポン0(ZERO)」(ニッポン放送・毎週木曜27時~28時30分)が放送された。YouTuberである2人が『ヤバくない!?』と感じた海外のYouTube動画について語った。

水溜りボンドが、動画やバズることについて教える番組コーナー「週刊ラジTube」で、「『ファミレスのドリンクバーに、バーテンダーの格好で立っていたら、お客さんからドリンクを頼まれるか検証してみた』という動画はバズりますか?」というリスナーからの質問を紹介。2人とも「ちょっとねぇ……」と考えたのち、お店に許可を取ったならアリだが、一般人を巻き込むドッキリは「ちょっと違う」と回答。

この話題から、海外のドッキリ動画について話が弾んだ。

カンタ:一般の方に仕掛けるのは、ちょっとまた違うんだよね。

トミー:でも、海外ってすごくない!? 海外のドッキリ動画って、めっちゃくちゃ一般の人にかけるじゃん?

カンタ:やばいよね。

トミー:最後にカメラを指さして、肩を組んでピース……みたいな。あんなことしたら、日本だったらぶん殴られるよ!?

カンタ:僕が海外のYouTube動画で一番衝撃だったのが、コーヒーショップで待っている人のズボンを下げるの。

トミー:あははははは(笑)

カンタ:やべーじゃん!?

トミー:ヤバいね(笑)

カンタ:まず初めからヤバくて、全力でズボンを下げた人を追いかけるわけ。で、仕掛け人がイエーイ!! ってやったら、追いかけていた人もイエーイ!! ってやるんですよ。そしたら、イエーイ! ってやっている人に、また別の人がスンッ! ってズボンを下げて……。

トミー:ドッキリの無法地帯なんだろうね(笑)。ちょっとヒリヒリする動画なんだけど、殺人ピエロっていうジャンルのドッキリ動画が海外で大バズりして。

カンタ:結構前のやつね。

トミー:地下駐車場に、血まみれ風のピエロがハンマーみたいなのを持って、で、一般の方に近づいて行くの。

カンタ:あれ、マジで一般の方だよね。

トミー:それを俯瞰で撮っているんだけど、大体の人が腰を抜かして、びっくりして逃げるのよ。でもたまに、めちゃくちゃヤンキーな人がピエロに「オラァァッ!!」って感じで走り込んで行って、飛びヒザ蹴りをかまし、ピエロをボコボコにして(笑)

カンタ:ボコボコにされるというか、ピエロが逃げるんだよね(笑)

トミー:何でもいいの!? みたいなね。

カンタは、一般人のズボンを急に下ろすドッキリ動画を、トミーは血まみれ風のピエロによるドッキリ動画を紹介。あまりに破天荒な作品に2人とも大爆笑だったが、「あれってさ日本では良くないじゃない?」「あんなのもアウトですよ」とも語り、最後は「僕らもやってはいけないし、みなさんも絶対にやらないようにしてください」と、注意を促した。