真夏の太陽 本気出す 枚方で35.0度 熱中症に警戒

©株式会社新日本海新聞社

かげろうや逃げ水が現れる路上を行き交う人々=5日、大阪市阿倍野区

 5日の大阪府は高気圧に覆われて日中はおおむね晴れ、大阪管区気象台によると枚方市で最高気温が35.0度まで上がり、35度超の「猛暑日」を観測した。豊中市で34.7度、八尾市で34.5度など、ともに今年最高となり各地とも厳しい暑さとなった。

 大阪市内の道路上では、強い日射がもたらすかげろうや、アスファルト上に水があるように見える現象「逃げ水」も発生し、日傘を差した通行人らが足早に横断していた。

 このほか、大阪市中央区33.9度▽堺市堺区33.8度−などを観測した。厳しい暑さが続くことから、関係機関は熱中症に対する警戒も行うよう呼び掛けている。