NSユナイテッド海運/シップ・オブ・ザ・イヤー2019受賞

©株式会社ロジスティクス・パートナー

NSユナイテッド海運のグループ会社であるNSユナイテッド内航海運が運航するリチウムイオン電池搭載船「うたしま」が、日本船舶海洋工学会主催の「シップ・オブ・ザ・イヤー2019」で小型貨物船部門賞を受賞した。

<リチウムイオン電池搭載船「うたしま」(左)と獲得した「内航船省エネルギー格付制度」の四つ星>

選ばれた「うたしま」は、世界最大級の大容量リチウムイオン電池を搭載したハイブリッド貨物船。高速運航時には主機関を使用すると同時にリチウムイオン電池に充電し、港内や瀬戸内海等の短距離低速運航では電気推進システムに切り替え、リチウムイオン電池で推進電動機を稼働する。

小型船ならではの制約を受ける中で、大容量電池をサイドタンクの一部に収納するなど工夫を重ね、省エネ、低振動、低騒音、労務負荷低減、乗組員の居住環境改善を実現した。「内航船省エネルギー格付制度」でもこれらが評価され、最高の四つ星を獲得している。またこの船には、日本製鉄が開発した、環境調和型の鋼材であり貨物倉の腐食を大幅に低減する高耐食性厚鋼板「NSGP-3」も採用している。

■うたしま 主要目
総トン数:499トン
載貨重量:1700トン
主要寸法:全長 76.19m × 幅 12.00m × 深さ 7.13m
航海速力:11.0ノット
最大搭載人員:7名
主機関:阪神内燃機工業 LA-30(1,800PS)
推進電動機兼軸発電機:西芝電機(発電 180kW/推進 300kW)
電池充放電システム:西芝電機(放電 711kW/充電 120kW)
リチウムイオン電池:東芝インフラシステムズ SCiB(3500kWh)
船 主: 向島ドック