大井川鐵道「きかんしゃトーマス号」イベントの内容変更 - 8/7から

©株式会社マイナビ

大井川鐵道は「令和2年7月豪雨」の影響で大井川護岸が損傷したことにより、開催を見合わせていたイベント「DAY OUT WITH THOMAS 2020」に関して、当該区間の復旧まで長期化する見通しとなったため、8月7日から実施内容を変更すると発表した。

おもな変更点として、「きかんしゃトーマス号」と「バスのバーティー」の運転区間を新金谷~家山間の往復乗車に変更して1日2往復の運転とし、「トーマス号」乗車チケットの販売方法と販売スケジュールを一部調整する。

「きかんしゃトーマス号」の運転は10月19日までのうち44日間とされ、運転時刻は1便目の往路が新金谷駅10時38分発・家山駅11時6分着、1便目の復路が家山駅11時18分発・新金谷駅11時46分着。2便目の往路が新金谷駅14時14分発・家山駅14時43分着、2便目の復路が家山駅14時59分発・新金谷駅15時27分着となる。

代金は新金谷「きかんしゃトーマスフェア」への入場と乗車記念グッズ付き(往復分)で大人3,050円・小人1,530円。8月分の申込みが電話またはウェブフォームで受け付け、9・10月分の申込みは8月13日からローソンチケットで受け付ける。

イベント内容変更に伴う購入済み乗車チケットの取り扱いについては、ローソンチケットでチケットを購入していた場合は全日程払戻し、「2かいだてバスのバルジー」ツアー、「バスのバーティー」ツアーなど大鉄観光サービス主催のツアーは一部行程を変更して催行。大鉄観光サービス以外のツアーで申し込んでいた場合は、各ツアー会社への問い合わせが必要となる。

また、「きかんしゃトーマスフェア」の会場は新金谷駅構内に変更。「きかんしゃトーマス号の整備工場」に関して、新金谷駅で開催する「きかんしゃトーマスフェア」内のコンテンツとして統合し、継続する。新金谷駅では、今期運休中の「ジェームス号」が特別に展示され、「バスのバーティー」「2かいだてバスのバルジー」のほか、さまざまな仲間たちに会うことができる。

千頭駅で「きかんしゃトーマスフェア」は開催されないが、「パーシー」「ヒロ」「ラスティー」「いじわる貨車・いたずら貨車」の展示は千頭駅構内で行われる。家山~千頭間はバスによる代行輸送を当面行い、千頭駅構内へ入場する際は駅入場料(小学生以上1名150円)が別途かかる。