田中美里&長谷川朝晴、『アンサング・シンデレラ』第5話に出演

©株式会社マイナビ

女優の田中美里と俳優の長谷川朝晴が、13日に放送されるフジテレビ系ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』(毎週木曜22:00~)の第5話に出演する。

田中が演じるのは、病院薬剤師の清水佐緒里。佐緒里は、今まで触れられてこなかった“みどり(石原さとみ)の過去”に深く関わる人物で、現在のみどりに多大な影響を与えたキーパーソンだ。みどりは、末期の胃がんで萬津総合病院に入院している辰川太一(伊武雅刀)とその家族である辰川秀三(迫田孝也)、辰川樹里(久保田紗友)との出来事をきっかけに、佐緒里のことを思い出す。

一方の長谷川が演じるのは、消化器内科の医師で、辰川太一の担当医・畑中聡。太一の息子である秀三の頼みで、太一ががんであることを本人に伏せていた。しかし、みどりの後押しもあり、秀三は太一にがんであることを告げ、抗がん剤治療をしていくことを決意。畑中とみどりは、太一にがんの進行状況などを説明した上で、治療を進めていく。

田中は「石原さとみさん演じるみどりの患者さんに対する深い思いや接し方を参考にして丁寧につくっていけたらと思います。ふとした瞬間にみどりと重なる部分があればいいなと思って演じています。引き続きみどりの優しい眼差しのように寄り添って見ていただけたらうれしいです」、長谷川は「このドラマの台本を読んで、今後の衝撃的な展開に絶句しました。病気とどう向き合うかに始まり、どう生きていくのか、どう人生を全うするのか様々なことを問われている気がして、何度も読み返しました。このドラマの中で、どのように答えを出していくのか、皆さまぜひともオンエアでお楽しみくださいませ」とコメント。

野田悠介プロデューサーは「田中美里さん演じる清水佐緒里は、みどりがなぜ“患者ファースト”の行動をとるようになったのか、みどりの過去にも関わり合いがあり、理想の薬剤師としている人物です。人としての温かみ、薬剤師としてのひたむきさを表現していただけると思い、田中さんにお願いさせていただきました。がん治療を専門とする畑中は薬剤師の意見にも耳を傾け、チームとして治療にあたる人物です。2人はみどりにとっても薬剤部にとっても重要な人物になってきます!」と予告している。