大相撲幕内阿炎に出場停止3場所

コロナ外出会食、引退届は預かり

©一般社団法人共同通信社

阿炎

 日本相撲協会は6日、東京都墨田区の両国国技館で理事会を開き、新型コロナウイルス禍の中で外出して会食した幕内阿炎(26)=本名堀切洸助、埼玉県出身、錣山部屋=に出場停止3場所と5カ月の報酬減額50%の処分を決めた。阿炎は処分を受け、現役を続ける。

 既に引退届が出されているが、再び問題を起こした場合に受理することやそれを了承する誓約書の提出、住居を錣山部屋に移すことを条件として、預かりのままとした。

 協会発表によると、元小結の阿炎はコロナ対策のガイドラインに反し、大相撲7月場所の前と場所中の4度、「夜の店」とされる接待を伴う飲食店で会食した。