クレジットカードの進化「タッチ決済」は取り入れるべき?今選びたいお得なカード

©株式会社マネーフォワード

クレジットカード決済は、磁気ストライプを利用する決済からICチップ決済へ、そしてタッチ決済へと進化をしています。セキュリティーと利便性の向上です。日本クレジット協会の調査によれば、2019年には73兆円以上のクレジットカード決済が行われていますが、さらなる普及には、より安全で便利であることが求められるでしょう。(一般社団法人日本クレジット協会調べ「年次統計:クレジットカードショッピング」2019年)

最新のタッチ決済はどんなもので、すぐに取り入れるべきなのかを解説します。


クレジットカード決済の今と昔

はじめに、クレジットカードの決済方法について、今までの変遷を見てみましょう。当たり前のように使っているクレジットカードですが、その決済方法は時代とともに移り変わってきました。

エンボスカードとインプリンター

現在に通じるプラスチック製のクレジットカードは、1960年に設立されたダイナースカードが発行したものが最初だと言われています。1961年には今のJCBが設立され、その後は都市銀行を中心に、多くの銀行系クレジットカード会社が生まれました。

クレジットカードの表面には、カード番号、有効期限、名前などがエンボスと呼ばれる浮き彫り加工で印字されていて、今でも同様のカードは多く作られています。

その頃の決済には、インプリンターというカード読み取り機を使っていたといいます。カードをインプリンターにセットして、さらに複写になっている売上票を重ね、カード情報を売上票に転写します。それから、売上票に日付、購入内訳、金額、担当者名、売り場などを店員が記入した後、内容を確認して署名の後、お客様控えをもらう、という流れです。

現在の通信を使った決済方法と比べると、かなり時間と手間がかかりますが、インプリンターは無くなってはいません。災害などで通信障害がある場合にも利用できるからです。

しかし、いざという時に使えるメリットはありますが、利便性が良いとは言えず、またカード番号などの情報が売上票に印字されて残るのも、セキュリティー面で不安な決済方法と感じるかもしれません。

偽造カードや、有効ではないカード(限度額超えなど)かどうかも、カード会社に電話確認しなければわからない不便さがありました。

磁気カードとCAT(信用情報端末)

1980年ころになると、クレジットカードのオンラインシステム(=CAFIS)と、そのシステムへ通信することでカードの有効性と決済ができる端末(=CAT)が普及しました。(初期のCATには決済機能はなし)

伝票などに印字されるクレジットカード番号は下4桁などの一部のみになり、有効なカードかどうかもオンラインで確認がとれます。CATを利用した決済は安全性が高まり、手間を軽減することにつながったため、クレジットカードが急速に発展した背景のひとつとされています。

CATは、クレジットカードの磁気ストライプを読み取らせるスキャナーがついていて、読み取った情報を元に、クレジットカード会社と通信します。インプリンターと比べると画期的でしたが、その後スキミング被害が多発したことで、磁気ストライプからICチップを付けたクレジットカードへと転換がはかられます。

ICカードとIC対応端末

ICとは「Integrated Circuit」の略で、微細な集積回路のこと。つまりICカードとは、集積回路を内蔵したカードのことで、磁気カードに比べて偽造が困難であるためセキュリティー面に優れ、また多くの情報量を記憶させることができます。

2018年に施行された「割賦販売法の一部を改正する法律(改正割賦販売法)※経産省資料」では、販売店のクレジットカード決済端末をICカード対応するなどのセキュリティー対策が義務付けられました。

ICカードの決済は、署名ではなく4桁の暗証番号を入力する方法がとられ、決済にかかる時間や手間がさらに軽減されました。店頭での支払い時に、クレジットカードを手元から離さない点も安全性を高めています。

ただ、それでもカード番号などが表面に印字されていることを危惧する人も。実際、インターネットショッピングなどではカード番号と有効期限、氏名の情報だけで買物をすることもできます。キャッシュレス決済が広まり、取り出す機会が増えたことで、気になりはじめた人も多いのではないでしょうか。

非接触型カードでタッチ決済

そこで注目されているのが、タッチ決済ができる非接触型カードです。非接触型のクレジットカードは、カード番号などのエンボス加工での印字がないタイプもあり、その場合はカード番号、有効期限、氏名などはカードの裏面に印字され、表面にはICチップがあります。

決済は、読み取り機にかざすだけ。電子マネーのSuicaやnanacoのような感覚で、署名も暗証番号の入力も不要です。ただし、一定金額を超える決済の場合はその限りではありません。また、タッチ決済の端末を設置している店舗での決済になります。

非接触型カードはどれを選ぶべき?

出始めたばかりの非接触型カードですが、どれを選べばよいのか迷ってしまいますね。

基本的には、(1)いつも買物をするお店やウェブサイトでおトクになるカード、(2)普段貯めているポイントが貯まるカード、がオススメです。いくつか非接触型カードを見てみましょう。

三井住友カード

三井住友カードでは、2019年3月から、VISAのタッチ決済の搭載を始めています。すでに持っているカードを切り替えることもでき、その際にはカード番号の変更はありませんので、各支払い先にカード番号変更の手続きをしなくてもいいので便利です。通常、1000円の利用につき1ポイント貯まり、ポイントに応じて景品との交換などができます。銀行系のカードは安心感がありますね。

楽天カード

2020年4月から発行するカードに、タッチ決済機能が搭載されています。また、すでに持っているカードの切り替えも可能なことは三井住友カードと同じです。楽天市場、楽天銀行、楽天証券などを利用して楽天ポイントを貯めているなら、迷わず楽天カードです。100円について1ポイント貯まるので、1%還元になります。貯まったポイントは買物に使ったり、ポイント投資をしたりと、使い方もいろいろ選べます。

VISA LINE Payカード

LINE Payを利用しているなら、2020年4月に誕生した「VISA LINE Pay カード」もいいでしょう。LINE Payアカウントに登録しておくことで、LINE PayにチャージをしなくてもLINE Pay決済ができます。また、2021年4月30日まで、決済金額の3%がLINEポイントで還元されます。貯まったポイントはLINE Payの支払いに使えるので無駄がありません。

Kyash Card

Kyashは、株式会社Kyashが提供する決済・送金アプリ。アプリからVisaプリペイドカードを発行して、クレジットカードなどからKyash残高にチャージして利用します。
決済金額に応じて、1%のKyashポイントが貯まり、貯まったポイントはKyashにチャージできます。

さらに、チャージをクレジットカードにすると、クレジットカードのポイントも得られるので、クレジットカードのポイントとKyashのポイントのポイント二重取りになります。すでに持っているクレジットカードを紐づけるだけなので、簡単におトクがかないます。

クレジットカードの複数持ちに、オススメの組み合わせ

クレジットカードは、多く持っているのは管理が行き届かず、無駄な支出促進や家計管理の煩雑さもあり、オススメできませんが、1枚だけに絞るのもまた得策ではありません。何らかのトラブルでクレジットカードが使えなくなってしまったときのバックアップとして、メインのカードに加えて1~2枚、持っていると安心です。

これから作るなら、ICチップ+タッチ決済対応のものがよさそうですが、よく使うシーンを考えて、貯めているポイントと相性のいいクレジットカードを選ぶのが良いでしょう。携帯電話代金や生命保険料など、毎月決まった支払いにクレジットカードを設定しておくと、ポイントが自動的に貯まっていきます。

また、災害時など通信障害があっても利用できる、エンボス加工のクレジットカードも1枚あると安心です。ICチップがあれば普段使いもできますね。

使いすぎが心配な人は、クレジットカードではなくデビットカードや電子マネーを利用しましょう。デビットカードは決済すると、銀行口座から即時引き落としになる仕組みなので、口座残高以上には使えない点が安心です。電子マネーもチャージした金額以上には使えません。

今後は順次、タッチ決済機能を搭載したカードに切り替わっていくと思われます。すでに持っているクレジットカードの有効期限が切れるタイミングで、タッチ決済対応の新しいカードが送られてくるようになるでしょう。

世界的に見てもタッチ決済は広がりを見せており、日本国内でも利用できる店舗が増えていくことが見込まれます。より安全に、より便利に、キャッシュレス決済を利用していきたいですね。

日本クレジット協会 参照