飲酒運転で帰宅…自宅通り過ぎバックして車に衝突 呼気から"3倍"アルコール 69歳男「ごめんなさい」

©北海道文化放送株式会社

北海道函館市の市道で酒を飲んで普通乗用車を運転したとして、69歳の男が逮捕されました。

酒気帯び運転の現行犯で逮捕されたのは、函館市に住む69歳の会社員の男です。

警察によりますと男は8月5日午後9時40分ごろ、函館市本通の市道で普通乗用車を運転し、自宅前でバックした際に後続車と衝突。衝突された男性の通報で駆け付けた警察がアルコールの検査をしたところ、酒気帯び運転が発覚し逮捕されました。

男の呼気からは、基準の3倍のアルコールが検出されています。

男はプライベートで酒を飲んだあとに自宅に帰るため車を運転していて、自宅を通り過ぎたためバックをしたところ、後ろにいた40代の男性が運転する車に衝突したということです。

後続車の男性は、首に違和感を訴えています。

調べに男は「ごめんなさい」と容疑を認めているということです。