姫路・西播磨で新たに5人感染、1人死亡 新型コロナ

©株式会社神戸新聞社

姫路市役所=姫路市安田4

 兵庫県姫路市は6日、新型コロナウイルスに感染し、入院していた市内在住の患者1人が死亡したと発表した。また、いずれも市内に住む10~20代の男女3人が新たに感染したことも明らかにした。

 亡くなったのは4日。市は遺族の意向として、性別や年代などを公表していない。市が確認した死者は計4人となった。

 新たに感染が分かった3人のうち、10代の男子学生は、市が発表済みの感染者の同居人。20代の男性会社員は1人暮らしで、大阪市内の企業に勤める。20代の無職女性は感染経路不明で、同居人に発症者はいないという。

 ほかに6日の県発表で、姫路市で20代男性、赤穂健康福祉事務所管内で50代男性の感染が判明した。(井沢泰斗)