【新型コロナ】横須賀市で新たに7人の感染を確認 市内過去最多を更新

©株式会社神奈川新聞社

横須賀市役所

 新型コロナウイルス感染症を巡り、横須賀市は6日、新たに未就学児から90代の男女7人の感染が確認され、たと発表した。うち70代男性は死亡後の検査で陽性と判明した。同市の感染者はこれまで最も多かった4人を上回り、過去最多を更新した。

 市によると、70代の男性は横浜市内で死亡した状態で見つかった。神奈川剖検センター(横須賀市)の依頼でPCR検査を行ったところ、陽性が判明したという。

 30代の男性は俳優で、7月下旬の仕事の共演者が陽性者だったという。5日に陽性が判明した20代の無職女性の家族で未就学の男児と、友人の20代無職女性の感染も確認された。

 90代の無職女性、横浜市内に勤務する20代の女性会社員、70代の無職女性の3人は感染経路が不明だという。