山梨で新型コロナ感染相次ぐ スーパーのオギノの従業員も感染

©株式会社テレビ山梨

山梨県内は8月6日も感染者の確認が相次ぎました。
山梨県甲府市が1人の感染確認を発表したほかスーパーのオギノでも上野原店の従業員が感染したと明らかにしました。
甲府市によりますと8月6日、新たに新型コロナウイルスへの感染が確認されたのは市内在住で甲府共立病院で看護補助をしている30代の女性です。
8月2日から鼻声になる症状が出た後8月5日、味覚障害などがでてPCR検査を受け8月6日陽性が判明しました。
現在の症状は軽症だということです。
女性は発症前後の7月31日から8月5日までの間に4日間勤務していました。
女性の業務は病棟で看護師の補助や入院患者のシーツ交換といった身の回りの世話を担当していました。
甲府市は女性が常にマスクを着用し手の消毒をしていたことなどから現時点で病院関係者の濃厚接触者はいないとしています。
しかし念のため医療関係者や入院患者などあわせて70人程度のPCR検査を実施することにしています。
このほか女性の同居人1人を濃厚接触者としてPCR検査を実施しています。
なお、甲府共立病院では今年4月にも看護師1人の感染が確認されていました。
県内の感染確認は8日連続で県と甲府市の発表でこの間、あわせて25人に上り累計では115例となりました。
一方、スーパーのオギノも8月6日上野原店に勤務する従業員が新型コロナウイルスに感染したと明らかにしました。
この従業員は7月31日と8月2日、3日の午前中に勤務していておとといPCR検査を受け8月6日陽性が判明したということです。
店は8月6日午後1時に閉店し消毒作業のため8月7日は休業するとしています。