これぞ北海道を体験できるオールシーズンリゾート「キロロリゾート」 7/1より営業を再開!

©株式会社WHyKNOT

吉川

Vermiliおん

吉川

吉川

フリーランスのプランナー&ライター&野菜ソムリエ。全国各地の野菜や果物に興味があり、時間を見つけては畑にお邪魔しています。その際には地域の温泉巡りを楽しんでいます。アグリツーリズム、フードツーリズム、スパツーリズムと、地域づくりのコンサルにもかかわっています。温泉文化は日本の誇り。

吉川の記事一覧を見る

Vermiliおん

おんせんニュース編集長兼ライター

おんせんニュース編集長兼ライター、温泉ソムリエ。アキレス腱全断裂のリハビリで週1で温泉に通っていた♨️ テニス、ハイキング、サイクリングがすき。温泉・観光・グルメ情報に加え、観光業界に携わる経営者のインタビュー等も載せて行きたい

Vermiliおんの記事一覧を見る

新型コロナウイルスの影響で営業を自粛していた「キロロリゾート」が7月1日から営業を再開しています。国が示した「新しい生活様式」の実践に向けて発表された「新北海道スタイル」に基づき、感染拡大予防対策を行い、以前のような楽しいアクティビティが楽しめます。

「キロロ温泉」は100%源泉が楽しめる施設です。宿泊でも立ち寄り湯でも、たくさん遊んだ後はゆったり温泉に浸かってください♨️

写真:セグウェイで森の散策しながら自然満喫

北海道・赤井川村の朝里岳と長峰岳の斜面にあるスキー場はじめ、自然を生かしたアクティビティなどを楽しむことができる通年型のリゾート施設「キロロリゾート」。札幌や小樽からのアクセスも良く、札幌から最も近い大型スキーリゾートとしても人気です。

写真:雄大な自然の中に位置するキロロリゾート

スキー場の「キロロスノーワールド」のほかに、「シェラトン北海道キロロリゾート」と「キロロトリビュートポートフォリオホテル北海道」の2つのホテル、さまざまなアクティビティが楽しめる「キロロタウン」などがあります。

どのシーズンに行っても楽しめるのが「キロロリゾート」のいいところ!

夏のアクティビティ(今年は10月11日まで)としては、パークゴルフやテニスコート、パドルテニス、レンタルサイクル、ディスクゴルフ、マウンテンバイク(1時間)、温泉などいろいろ楽しめます。

それぞれに料金がかかりますが、「1Dayパスポート」(大人3000円、子供2000円)を利用するとすべてが体験できます。欲張りさんはぜひこのパスポートをゲットしてくださいね。

写真:天気の良い日はサイクリングもいいですね

朝里岳パノラマゴンドラを利用して「キロロの森」へGo!

全長3300メートルのゴンドラで朝里岳山頂駅(標高1180メートル)まで一気に上がって見るパノラマの景色もステキです。

写真:朝里岳から見下ろす景色は圧巻!

山頂からは、北海道百名山の一つの余市岳への登山ルートもあり、スカイデッキからは石狩湾や積丹半島、遠くには蝦夷富士と呼ばれる羊蹄山やニセコ連峰などを望むことができます。

愛犬が無料で同乗でき、山頂の無料ドッグランも楽しめます(大人往復1500円、小学生往復1000円 9:00~15:00/運行しない日もあるので、要確認を)。

写真:運が良ければ雲海を見ることができるかも!

エコな乗り物で大自然を駆け巡るのもオススメ!

キロロの大自然を駆け巡るのにオススメなのがセグウェイです。初めての人でも簡単なライドトレーニングを受けて、基本操作を身に付ければ大丈夫。

ツアーにはガイドが案内してくれます(16歳以上対象 約60分一人6000円、ファミリーパック3名15000円)。

写真:セグウェイで森の散策しながら自然満喫

ほかにもマウンテンバイク(1台1200円)や専用トレイルコースを走るファットバイク(1台1200円)、レンタルサイクル(1台800円)などもあります。

雪があるからこそ楽しい冬のアクティビティ

写真:まるでヨーロッパの風景ですね!

雪が降らない地域の人には想像もできないでしょうが、キロロリゾートでは、降雪の多い時は5メートルを超える積雪になるとか。

雪質の良さは折り紙付き!ここのパウダースノーを求めて国内外からスキーやスノボを楽しむ人たちがやってきます。

写真:自慢はパウダースノー

「キロロゴンドラ」は全長3300メートル。最長距離4050メートルを含む全23コース、パウダーライドと14のオフピステエリアがあります。

朝里岳と長峰岳の2つの山に広がるダイナミックで広大なコースとエリアは、老若男女問わず、あらゆるレベルの人が楽しめるはずです。

写真:さまざまなコースが楽しめるスキー場

スキー以外の冬のアクティビティが楽しめるのは12月中旬~3月末

「スノーパーク(雪遊び広場)」は、北国の雪遊びや、そり&チューブ遊びを体験できるエリアです。入場料制で、時間内であれば何度でも出入り自由です。

そのほかのアクティビティとして、スノーモービルにけん引されたラフティングボートに乗るスノーラフトや、バナナボート、ミニスノーモービル、スノーバギーも楽しいですね。

写真:大人も子供も楽しいバナナボート

また、専用の用具で楽しむスノーシュー体験やスノーシューツアー、ウインターセグウェイ、クロスカントリースキーなどもオススメ。用具はすべてレンタルできます。

写真:スノーシューを履いて雪山を歩くのも楽しいですよ

悪天候な時は全天候型アミューズメント施設も!

屋内でもアクティビティが楽しめます。全天候型アミューズメント施設「グランシップ」では天気を気にしないでさまざまなアクティビティを楽しむことができます。

例えば、体験ゲームや謎解きアトラクション、ボルタリングなど、頭や体を使って行うものがあります。インドアアクティビティ・ネイチャーセンターにおいてはジェルキャンドルやオルゴールトッピング、ガラストッピング、上絵付け、缶バッジ作りなどのセンスが生きる体験ができ、自分だけではなく、友達への心がこもったお土産にもなりますね。

たくさん遊んだ後は温泉&プールでリフレッシュ!

キロロ温泉」は赤井川村カルデラの大地から湧き出した温泉で、100%源泉が楽しめる施設です。宿泊客も日帰り温泉を楽しむ人も利用できます。

写真:落ち着いた雰囲気の温泉

日本庭園をモチーフにしており、露天風呂やジャグジー、ヒノキの香りでリラックスできるサウナもあります。
また、リゾートプールには25mの本格プール(水深55cm, 85cm)や子供エリアがあり、プールサイドにはレストスペースも完備しています。

写真:ゆっくりと100%源泉を楽しもう

シンプルで機能的な客室

シンプルでモダンな「シェラトン北海道キロロリゾート」はスキー場がすぐ目の前にあり、滑り三昧が可能です。宿泊者専用の「ときわ湯」もあります。

2つの麗しい峰々に抱かれた「キロロトリビュートポートフォリオホテル 北海道」は、すべての客室から四季折々の絶景が楽しめます。

1泊2日では足りない!遊びつくせない!楽しめない!
そんな気持ちにさせるアクティビティが盛りだくさん。コロナ禍で外出ができなかった分、新しいスタイルで遊びを満喫してくださいね。

(まとめ・文:吉川、制作:Vermiliおん)