選手もマネージャーも一丸となって

#エールを止めるな 共に挑む夏

©千葉テレビ放送株式会社

 

#エールを止めるな 共に挑む夏

今回は「成田 大谷津球場」をピックアップ!

 ここ最近ではナスパ・スタジアムが使用されていますが、球場の改修などを経て、夏の大会に「成田 大谷津球場」が帰ってきました。

 スコアボードが電光掲示板に変わり、左右の応援スタンドも綺麗になっています。
 この球場に応援団が入って試合を見られる日が、とても楽しみです。

 8月5日の第1試合は、成東 対 東総工業。
 試合後、勝利した成東高校のキャプテンとマネージャーさんにお話を伺いました。

成東高校 岡崎柊也 主将(3年)
「同級生は、代替大会をすることなく引退した部活がたくさんあるので、成東高校を代表して頑張っていこうという話の中で、(部活に)戻りました」

成東高校 マネージャー上野愛実さん
「やはり毎日みんなが頑張ってる姿を見ていたので、何か残せたらいいなという風に思っていたので、大会が決まってすごく嬉しかったです」
「チーム全員で集まったり、少人数でも集まるのがなかなかできなかったので、(マネージャーとして)直接的なことはできなかったんですけども、大会があった時のために、応援の千羽鶴を作ったり文字鶴を作ったりしていました」

#エールを止めるな 共に挑む夏

 成東高校の初戦突破には、マネージャーの皆さんの力も大きかったようです!

 「他の部活は代替え大会もできなかった」という話がありましたが、そういった思いも背負って、この大会に挑んでいるのですね。

 例年とは違った形での夏の大会の開催となりましたが、選手、マネージャー、部活動のみんなが一丸となって向かうその姿勢は、例年と変わらず熱いものを感じました!

チバテレ『高校野球ダイジェスト』

※試合のある日22:00~放送(8/8は22:30~)
MC 林 昌範、庄司こなつ

庄司こなつのコーナー「#エールを止めるな 共に挑む夏」では、独自の視点で大会の注目ポイントを紹介しています!