線路にまたカメが挟まる 津山線で信号トラブル 7本に遅れ

©株式会社山陽新聞社

JR津山線弓削駅

 6日午後6時25分ごろ、JR津山線弓削駅(岡山県久米南町下弓削)で信号機が赤のまま変わらなくなった。列車の進路を切り替えるポイント(分岐器)付近にカメが挟まったのが原因とみられる。JR西日本岡山支社管内では7月20日にも瀬戸大橋線備前西市駅(岡山市南区西市)で同様のトラブルが起きている。

 同支社によると、カメは体長約20センチでレールとレールの隙間に挟まっていたという。撤去のため上下7本が最大で約30分遅れた。