ヤフー、ID誤登録最大39万件

ネット通販、別人に届く可能性も

©一般社団法人共同通信社

 ヤフーは6日、インターネットサービスに利用する「ヤフー!ジャパンID」の登録システムに不具合があり、最大約39万件のIDで氏名や自宅住所、電話番号などの情報が他の利用者の内容に誤って登録されたと発表した。変更された情報に基づき、ネット通販などで注文した商品が別の人に届いた可能性もある。

 不具合は7月29日にシステム更新を実施した直後から発生し、利用者の問い合わせを受けた8月4日夜まで続いた。誤登録された内容には、勤務先や学校の名称、住所も含まれる。クレジットカードや金融機関の口座情報、メールアドレスは管理システムが異なり、影響を受けていないとしている。