《群馬県高校野球大会》4強決まる 8日に桐生球場で準決勝

©株式会社上毛新聞社

 全国高校野球選手権群馬大会に代わる群馬県高校野球大会は6日、上毛新聞敷島球場と高崎城南球場で準々決勝4試合を行い、4強が決まった。桐生第一、前橋育英、健大高崎の私学3校に加え、前橋商が唯一の公立校として勝ち上がった。準決勝2試合は8日、桐生球場で行われる。

 準々決勝で、桐生第一は桐生南との同地区対決を5-0で制し、前橋育英は伊勢崎清明に5-3で競り勝った。健大高崎は9-0のコールドで常磐を下し、前橋商は6-1で農大二を破った。

 8日第1試合は、桐生第一と前橋商が対戦。桐生第一は宮下宝と蓼原慎仁の二枚看板を中心に3試合2失点、前橋商も主戦の橋本優雅を軸に4試合4失点と、ともに投手力が高く、1点を争う展開が予想される。

 第2試合は前橋育英と健大高崎が激突する。前橋育英は準々決勝の終盤、諸田空也(たかなり)の2点本塁打などで逆転した粘り強さが光る。健大高崎は攻撃力の高さに加え、下慎之介や橋本拳汰らを軸とする細かい継投で守りの堅さを見せる。