原爆投下時刻に鐘の音 核兵器廃絶と平和願う 館林・遍照寺

©株式会社上毛新聞社

 「広島原爆の日」に合わせて鐘を突き、核兵器廃絶と平和を願う「鐘つき集会」が6日、群馬県館林市の遍照寺で開かれた。約40人が参加し、手を合わせてから鐘の音を響かせた=写真。

 原爆が投下された午前8時15分に開始。参加者は犠牲者の冥福を祈りながら鐘を突いた。市非核平和都市宣言の朗読も行われた。「長崎原爆の日」の9日は、館林市の春昌寺で鐘つき集会が開催される。