つるの剛士 幼稚園・保育園を作るべく現在大学で勉強中「実習生として来年は幼稚園へ…」

©ジグノシステムジャパン株式会社

大久保佳代子がパーソナリティをつとめ、ゲストと一緒にリスナーのお悩みに寄り添い、癒しの時間をお届けするTOKYO FMの番組「KOSÉ Healing Blue」。8月2日(日)の放送は、タレントのつるの剛士さんが登場。リスナーからの相談に応えました。

つるの剛士さん

<リスナーからの相談>
私は社会人2年目で、今は保育園で調理の仕事をしているのですが、最近、このまま仕事を続けていていいのかな、専門学校に行って別の資格に挑戦してみたいな、と思う気持ちがあります。でも、お金も時間もかかることだし、すごく悩んでいます。何かアドバイスがあればぜひお願いします!(ラジオネーム:まっちゃんさん)

*  *  *

大久保:23歳、仕事をちょっと変えようかな、と思っているまっちゃんさん。でも23歳で転職はちょっと早いという気もするし。この時期から、いろいろやりたいことがあるのかな。つるのさんは最近、大学に行かれているとか?

つるの:そうなんですよ、短大に。通信制なんですけど、大変ですよ。いろいろとやっています。

大久保:すごいですね。何系ですか?

つるの:保育学科です。昔から自分も子どもたちに携わる仕事を、ちょっとやってみたいなという思いがあって、幼稚園や保育園を作ったり、そういうことをやっていけたらいいなと思って。ちょっと専門的な勉強をさせてもらっています。

大久保:えらいですな。

つるの:昨日も休みだったんですけど、朝の9時から夜の11時半までレポートを書いていました。来年からは実習が入ってくるので。

大久保:実際に現場というか、どこかに行くの?

つるの:実習生として普通に幼稚園に行くんですよ。

大久保:私は今49歳なんですけど、5年後こんな感じで芸能界で仕事ができてるとは思っていないんですよ。だってこんな感じのキャラクターって、しんどいじゃないですか。

つるの:そんなことないでしょ(笑)? 長年やっていますよね。

大久保:長年やってきたからこそかもしれないんですけど。55歳、60歳でこんな感じでやる自分がちょっと見えないので、資格を取ろうと思って。私、ワンちゃんとか猫ちゃんが本当に好きなので、動物介護士の資格を取るための資料を請求したら、金額も含めてけっこう大変なのがわかっちゃって。

つるの:1つ資格を取るのってすごく大変なことだって、やってみるとわかりますよね。
僕らも芸能界というお仕事をさせてもらって、なおかつ新しいことをやってみようかな、ということだと思うので、まっちゃんさんと多分考え方が同じですよね。ほかのことをやったほうがいいと思っているときは、絶対にそれをやりたいとき、やらなきゃいけないときなので。

大久保:いいですね。多分ムズムズしていてしょうがないっていうことですもんね。

つるの:そう。本当にやるしかないと思いますよ。逆に23歳のときって、そんなのばっかりでしたよ、僕なんて。でも本当にそれが今積み重なって、いろいろなことをやっているので。

大久保:確かに。結局それが無駄じゃなくて、全部が今の“集大成・つるの”みたいになっているっていうことですもんね。

つるの:ありがたいことに“芸能界”という仕事なので、いろいろな経験がお仕事になるので、さまざまなことをさせてもらっていますけど。本当に、絶対にいろいろなことをやったほうがいい。

大久保:保育園の調理の仕事は、またいつかできるときがあるかもしれないしね。

つるの:そのときは、将来僕が開こうとしている幼稚園、保育園で調理のお仕事をしていただけたら。

大久保:いいじゃないですか! “無駄なことはない”ということで、参考にしてみてください。

次回8月9日(日)の放送も、引き続きつるのさんとリスナーのお悩みに寄り添っていきます。どうぞお楽しみに。


▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2020年8月10日(月・祝) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。


<番組概要>
番組名:KOSÉ Healing Blue
放送日時:毎週日曜11:00~11:30
パーソナリティ:大久保佳代子
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/blue/