新型コロナウイルス接触確認アプリ(略称:COCOA)について

©株式会社VOTE FOR

厚生労働省は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に役立てるため、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)を開発しました。ご自身のスマートフォンにインストールして、ご利用いただきますようお願いします。
(7月21日17時30分現在、約781万件ダウンロードされています。)

■アプリの概要
・接触確認アプリは、利用者本人の同意を前提に、スマートフォンの近接通信機能(ブルートゥース)を利用して、お互いに分からないようプライバシーを確保して、新型コロナウイルス感染症の感染者と接触した可能性について、通知を受け取ることができる、スマートフォンのアプリです。
※接触した可能性として記録されるのは、「1メートル以内かつ15分以上の他のアプリユーザーとの接触」があった場合です。
・接触に関する記録は、スマートフォンの端末の中だけで管理し、外部にでることはありません。
・利用者は、陽性者と接触した可能性が分かることで、検査の受診など保健所のサポートを早く受けることができます。また、利用者が増えることで、感染症拡大の防止につながることが期待されます。
・アプリの使用にあたり、氏名・電話番号・メールアドレスなどの個人の特定につながる情報の入力はありません。また、GPSなどの位置情報を利用することはなく、記録することもありません。
・陽性者との接触の可能性が確認された場合、アプリの画面に表示される手順に沿って、ご自身の症状などを選択します。選択後に帰国者・接触者外来などの連絡先が表示され、検査受診などが案内されます。

■インストールについて
Androidの方はGoogle Play(Play ストア)、iOSの方はApp Storeで「接触確認アプリ」と検索しインストールしてください。
または、厚生労働省のホームページから、簡単に「接触確認アプリ」のインストールページにアクセスすることもできます。