松山英樹70、石川遼72で発進

男子ゴルフ、全米プロ選手権

©一般社団法人共同通信社

第1ラウンド、14番でティーショットを放つ石川遼=TPCハーディングパーク(ゲッティ=共同)

 【サンフランシスコ共同】男子ゴルフのメジャー初戦、全米プロ選手権は6日、サンフランシスコのTPCハーディングパーク(パー70)で第1ラウンドが行われ、8年連続出場の松山英樹は2バーディー、2ボギーの70だった。5年ぶりのメジャーに挑む石川遼は2バーディー、4ボギーの72。

 ジェーソン・デー(オーストラリア)が65、3連覇が懸かるブルックス・ケプカは66、メジャー16勝目を狙うタイガー・ウッズ(以上米国)は68で回った。

 新型コロナウイルスの影響で大会は5月から延期。無観客で実施された。

第1ラウンド、9番でショットの行方を見つめるジェーソン・デー=TPCハーディングパーク(AP=共同)