米、監査基準未達なら上場廃止も

中国企業が標的、監視強化へ

©一般社団法人共同通信社

ムニューシン米財務長官(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】トランプ米政権の金融市場作業部会は6日、米国の株式市場に上場する中国企業が2022年1月1日までに米会計監査基準を満たさない場合には上場を廃止するよう提言した。投資家を守るために監視体制の強化が必要だと判断した。中国企業への締め付けを図る狙いもあり、米中対立は一段と激しさを増しそうだ。

 議長のムニューシン財務長官は規制強化が必要だと主張し「上場している全企業の競争条件を同じにする」と説明した。

 トランプ大統領は6月、中国企業から投資家を守る対策の検討を指示。中国企業は米市場で収益を上げる一方、投資家保護ルールを順守していないと批判した。