ススキノ"感染リスト"27店分が流出…店名ほか感染リスクレベルを「ハートマーク」表示 札幌市保健所

©北海道文化放送株式会社

北海道の札幌市保健所が作成したススキノの接待を伴う飲食店の新型コロナウイルスの"感染情報のリスト"が、外部に流出していたことがわかりました。

流出したのは、札幌市中央区のススキノ地区で客や従業員に感染者が出た27の飲食店のリストです。

リストは7月27日付で札幌市保健所が作成した内部資料で、店名と住所のほか、業態や注意が必要な期間などが記載されています。

さらに27店舗の感染リスクのレベルを「ハートマーク」で表現していて、客と従業員が陽性となった5店舗に3つ、従業員に陽性が出た9店舗に2つなどが表示されています。

札幌市では、これまで感染者が確認された飲食店の店名を公表していませんでした。

札幌市は流出の事実を認め、流出した経緯を調べています。