うがい薬「重症化予防立証ない」

衛藤消費者相「買い占め控えて」

©一般社団法人共同通信社

衛藤晟一消費者行政担当相

 大阪府の吉村洋文知事が新型コロナウイルスの感染拡大防止策としてうがい薬の使用を呼び掛け、ポビドンヨードという成分を含む市販薬が品薄になっている問題について、衛藤晟一消費者行政担当相は7日、閣議後の記者会見で「重症化予防に効果があるとの立証はされていない。不要な買い占めを控え、冷静な対応を」と呼び掛けた。

 衛藤氏は、高額転売されている点も踏まえ「医薬品に該当するものもあり、法律で販売は薬剤師や医薬品販売者に限定されている。許可なく販売、転売するのは禁止されている」と指摘した。

 吉村知事は5日に「誤解がある。予防薬でも治療薬でもない」と適切な使用を求めた。