持続化給付、80万件追加を想定

経産相、予備費充当「迅速に」

©一般社団法人共同通信社

 梶山弘志経済産業相は7日の閣議後会見で、新型コロナウイルス対策で中小企業などを支援する「持続化給付金」事業に関し、足元の申請ペースなどから、さらに80万件程度の支給が必要になるとの想定を明らかにした。6日までに約316万件の申請があり、294万件に支給したという。

 中小企業には最大200万円、個人事業主には最大100万円が支払われる。梶山氏は事業に政府の予備費が充てられることについて「しっかり手当てし、困っている人に迅速に給付したい」と述べた。