県警大使は女子高生モデル 仲俣さん交通安全PR

©株式会社北日本新聞社

交通安全メッセージを読み上げる仲俣さん=県警本部

 富山県警は7日、県出身の女子高校生モデル、仲俣由菜さん(18)を「交通安全きらめき大使」に任命した。仲俣さんは今後、会員制交流サイト(SNS)で安全運転や反射材の着用を呼び掛けるなど、交通安全意識の向上に協力する。

 県警本部で任命式があり、長森雅明交通部長から任命書とたすきを受け取った仲俣さんは「悲惨な交通事故から命を救うため、交通ルールを守り思いやりの心を持ちましょう」などとメッセージを読み上げた。