【CL】敵地で先勝したシティ スペイン王者レアル下し次ラウンド突破なるか ~決勝T1回戦2ndレグプレビュー~

©株式会社 LIVE SPORTS MEDIA

劣勢と言われた敵地での1stレグで、アウェイゴールを奪い勝利を収めたマンチェスター・シティ。ラ・リーガを制覇し逆襲の準備を整えたレアル・マドリードに勝ち切り、悲願のCL優勝の足掛かりにしたい。

【CL】レアルとの大一番に臨むシティ…ペップは1stレグの勝利を意識せず「全く別のゲーム」

欠場情報
マンチェスター・シティ
・先日膝の手術を受けたセルヒオ・アグエロは現在回復に努めており、レアル戦は大事を取って欠場に。
・累積警告でバンジャマン・メンディは2ndレグ出場停止。

レアル・マドリード
・足首の負傷を負っているエデン・アザールの出場は微妙に。セルヒオ・ラモスは1stレグで一発退場となり、今試合は出場停止だ。
・7月末にコロナウィルスのテストで陽性反応が検出されたマリアーノ・ディアスは、2週間の自宅隔離となりシティ戦のピッチに立てない。ガレス・ベイルやハメス・ロドリゲスは招集外となった。

【CL】シティ戦招集外のベイル…ジダン監督が理由を説明「プレーを望んでいなかった」

マッチプレビュー
マンチェスター・シティ
エティハド・スタジアムで3度目となった同カードは、過去2回の対戦でいずれも引き分けに。ただシティは1stレグのアウェイで勝利した場合、必ず次ラウンド突破を果たしている。またジョゼップ・グアルディオラ監督はCL決勝トーナメント史上最も勝利している指揮官で、通算28勝を記録。さらに今試合勝利すれば、決勝Tでレアルを2回敗退に追い込んだ史上3人目のコーチとなる。

レアル・マドリード
イングランド勢とのアウェイ11戦で5勝しているレアル。同等以上にイングランド勢に勝利しているのはバイエルン・ミュンヘン(5勝)とバルセロナ(7勝)だけだ。もしレアルがシティに敗れれば、ジネディーヌ・ジダン監督にとって初めての決勝T敗退に。イングランド勢とはCLで6回対戦経験があり、2度勝ち進んでいる(勝率33%)。

激戦必至のシティvsレアル