JR東日本、原宿駅旧駅舎は解体 - 新たな建物で西洋風の外観を再現

©株式会社マイナビ

JR東日本東京支社は7日、地域住民に親しまれてきた原宿駅旧駅舎について、防火地域に適した材料を用い、可能な限り西洋風建物の外観を再現して建て替えると発表した。

原宿駅では3月21日から新しい駅舎の供用を開始しており、旧駅舎は東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会終了後に解体を行う予定となっていた。大会の延期にともない、防火等の安全性を考慮して8月下旬から解体工事に着手。外観を可能な限り再現して建替えを行うこととなった。

建て替えた後も、街のシンボルとして親しまれてきた原宿駅旧駅舎の尖塔を載せたハーフティンバー様式のデザインを再現し、新駅舎の隣に建築される。防火地域に適した材料を用い、安全で長く親しんでもらえる建物づくりを行う。新たな建物では、まちの個性を生かしたにぎわい集う拠点づくりを進めるとのこと。