JR東海、山梨リニア実験線の走行試験8/17再開 - 改良型試験車投入

©株式会社マイナビ

JR東海と鉄道総合技術研究所は7日、超電導リニアL0系の改良型試験車の投入に向けた準備のため、2019年10月29日から走行試験を休止していた山梨リニア実験線に関して、改良型試験車を用いた走行試験再開の日程が8月17日に決定したと発表した。

山梨リニア実験線に投入される改良型試験車は、超電導リニアによる中央新幹線計画における営業車両の仕様策定に向け、既存の超電導リニアL0系をさらにブラッシュアップさせた車両。先頭車両1両と中間車両1両を製作した。

おもな改良点として、先頭形状を最適化することで先頭部の空気抵抗を約13%下げ、消費電力と車外騒音の低減を実現している。誘導集電方式を全面採用することにより、ガスタービン発電装置の非搭載とし、前照灯と前方視認用カメラの位置が上部に変更され、前方視認性が向上した。カラーリングは進化し続ける躍動感と、新しい先頭形状でのなめらかな空気の流れを青の流線デザインによりイメージしている。

この改良型試験車を用い、山梨リニア実験線での走行試験を8月17日から再開する予定。今後の走行試験予定はホームページ等にて、最新の情報を告知していく。