次世代スター「ハニーボーイ」世界の映画賞が絶賛

©株式会社ラジオ関西

大人になってからようやく分かることもある。父親の不器用な愛情や、隣人たちの優しさに導かれ、少年が見た景色とは――?

映画「ハニーボーイ」(原題:Honey Boy)が、8月7日(金)にシネ・リーブル神戸、シネ・リーブル梅田、アップリンク京都など全国で公開された。

物語の主人公である天才子役、オーティスの子供時代を演じるのは「次世代最高のスター」と絶賛を集めるノア・ジュプ。大人になった10年後のオーティス役に抜擢されたのは、演技力と存在感が光るルーカス・ヘッジズ。そして、映画界の異端児と称されるシャイア・ラブーフは、オーティスの父、ジェームズを演じる。トラウマを乗り越え、父からもらった痛みを抱いたまま、それでも前へと進んでいく。天才子役の心の成長を描いたヒューマンドラマだ。

若くしてハリウッドスターの仲間入りを果たしたオーティス(ルーカス・ヘッジズ)は、毎日仕事に追われ、ストレスから逃げるようにアルコールに溺れる生活を送っていた。

2005年のある晩、いつものように酒を飲み、泥酔した状態で車に乗っていたオーティスは事故を起こして更生施設へ送られてしまう。

時はさかのぼり、10年前の1995年。12歳のオーティス(ノア・ジュプ)は、子役として活躍していた。マネージャーであり父親であるジェームズ(シャイア・ラブーフ)は、前科者で無職。

いつも突然感情を爆発させる父に、オーティスは振り回されてばかりだった。

そんなオーティスを心配してくれる保護観察官、安らぎを与えてくれる隣人の少女、撮影現場で共演する俳優たち……様々な人達との交流の中で成長していくオーティスは、新たな世界へと踏み出すが――。

第44回トロント国際映画祭に正式出品、サンダンス映画祭ではドラマ部門で審査員特別賞を受賞し、世界の映画賞で絶賛されている作品。メディアからも「誰もが心を通わせる普遍的な物語であり、とてつもなくパワフルでタフなエンターテインメントだ(ウォールストリートジャーナル)」「強烈でいて瑞々しい青春映画。ハレル監督の鋭い洞察力が冴えわたる唯一無二の傑作(インディワイヤー)」と高評価を得ている。脚本は、父ジェームズ役を演じるシャイア・ラブーフが手掛ける。8月7日(金)から、全国ロードショー。

■映画「ハニーボーイ」(原題:Honey Boy)

キャスト:
ノア・ジュプ シャイア・ラブーフ
ルーカス・ヘッジズ FKAツイッグス

監督/プロデューサー:アルマ・ハレル
脚本:シャイア・ラブーフ
音楽:アレックス・ソマーズ
配給:ギャガ

(C) 2019 HONEY BOY, LLC. All Rights Reserved.

※ラジオ関西『PUSH!』2020年8月6日放送回より