「舞台を楽しむ時間」を贈る、劇団四季ギフトカード

©株式会社オールアバウト

お世話になった方へのお礼や、大切なアニバーサリー、結婚や出産などの特別なお祝い……。とっておきの日のプレゼントには「モノ」より「体験」を贈ってみるのはいかがでしょうか?

3000円以上の予算がある時におすすめしたいのが「劇団四季」のギフトカード。多彩な演目の中から好きな作品を観ることができ、幅広い層に喜んでもらえること請け合いのギフトです。

舞台を楽しむ「時間」を特別な贈り物に

このカードの魅力は、何と言っても使い勝手がいいこと。使用期限内(購入から2年後の年末、例えば2019年6月購入であれば21年12月31日まで)であれば、空席のある演目の中から好きな日程・席種で観ることができます。

たとえば2019年6月現在、首都圏でロングラン上演されている劇団四季作品は4演目あり、その中には実写映画版も話題のディズニーミュージカル『アラジン』もあれば、ガーシュウィンの名曲と華やかなダンスが見どころのミュージカル『パリのアメリカ人』も。

子供からお年寄りまで、どんな世代の方でもきっと「これ、観てみたい!」というものが見つかることでしょう。

私も以前、このカードをプレゼントしてもらったことがあり、その際には親子で気になる作品をいくつも観に行きました。

自分でチケットを取って観に行くのももちろん楽しいけれど、誰かに「エンターテイメントを楽しむ時間」を贈ってもらえるのはとても嬉しいものです。

普段舞台をあまり観ないという方も、人からプレゼントしてもらえれば足を運ぶきっかけになることも。

大阪・名古屋・北海道・福岡はじめ首都圏以外の各地でも公演がありますので、離れてお住まいの家族・友人にもご利用いただけます。

予算内なら使い方は自由! チケット種別が選べるのも嬉しい

カードには3000円、5000円、1万円、2万円と4種類あり、受け取った方は自分でチケット予約時に、カードに記載されている番号を入力するだけ。不足分が出ればクレジットカード等で支払い、余りが出れば使用期限までは別のチケット購入に利用できます。

席種は予約時に決められるので、例えば2万円のカードがあれば、1演目をペアでS席で観ることもできます(『ライオンキング』ならS席一般料金10800円×2=21600円となり、差額1600円を支払います)。

いやせっかくなので沢山観たいという方は、リーズナブルなC席にて、ペアで3演目もしくは、1人で6回観ることも可能(『ライオンキング』ならC席3240円×6枚=19440円。残額560円を使ってもう1公演鑑賞にも充当できます)。

生の舞台には他では得られない臨場感があり、観た人の一生の思い出となることも。形に残るモノとは一味違う観劇体験を、このカードを使って贈ってみてはいかがでしょうか?

__DATA
劇団四季|ギフトカード__

取り扱い:3000円、5000円、1万円、2万円