LINEとJASRAC、楽曲利用で包括契約。BGM設定やシェアで安心利用

©株式会社マイナビ

LINEと日本音楽著作権協会(JASRAC)は、LINEが提供するサービスでJASRACの管理する音楽著作物を配信利用することについて、包括的な利用許諾契約を締結した。

これにより、LINEの各サービスでコンテンツを配信する企業やアーティストは、JASRACが管理する国内外の楽曲をストリーム形式で配信利用するときに、個別の手続きや使用料の支払いをせずに利用可能になる。

個人ユーザーも、LINE以外の企業、アーティストが提供する音楽コンテンツを、適法に安心して楽しめるようになる。

包括契約の許諾対象は以下のサービス。

  • LINEユーザーによる、LINE MUSIC配信楽曲との連携
    (プロフィールBGMやトークBGMの設定、トーク・タイムラインでの音楽シェア、着信音・呼出音への使用)
  • 企業やアーティスト等のLINE公式アカウント、LINE NEWSでの楽曲配信
  • LINE LIVEでの楽曲配信

これまでLINEグループでは、LINE LIVEにおけるユーザーの投稿・配信(LINE公式アカウントとの連携を含む)と、LINE MUSICにおける楽曲配信について、それぞれJASRACとの許諾契約を締結していた。今回の包括的な利用許諾契約の締結により、対象となるサービスが広がったかたちだ。