ソニー、人の動きを感知し家電を操作する「マルチファンクションライト」の新モデルを発売

©株式会社アールジーン

ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社は、ネットワークLEDシーリングライト「マルチファンクションライト」の新モデルとして、人感センサーを使ったモーション操作に対応したハイエンドモデル「MFL-2000S」を8月21日より販売開始する。マルチファンクションライトは、人感・温度・湿度・照度のセンサー、マイク、スピーカーなどを内蔵しコントロール機能を持ったマルチファンクションユニットと、専用のLEDシーリングライトを組み合わせたネットワークLEDシーリングライトである。赤外線リモコンを通じたテレビやエアコンなどの家電の操作やアプリを通じた宅外からの家電操作、Bluetoothを通じて天井から音が降り注ぐスピーカー機能、部屋の温度・湿度の見える化、スマートスピーカーと連携した音声での家電操作など多様な機能を搭載している。今回発売する新モデルでは、新たな機能として「人感センサー」を使った操作が可能となった。詳しい特長は以下の通り。

1. 人の動きによる家電の自動ON/OFF
2. 「おはようモード」での起き上がる動作によるアラームOFF
3. 「見守りモード」での異常検知と録音

また、マルチファンクションライトは大阪ガス株式会社が提供するIoTガス機器との連携を開始した。大阪ガスのクラウド対応給湯機器をアプリに設定すると、「お湯はり」と「床暖房」のアイコンが追加され、各給湯機器の状況がわかり、ON/OFF操作ができる。

なお、MFL-2000Sの市場推定価格は47,000円前後(税抜)である。