そのぎ茶かき氷 「明治の民家」で16日まで

©株式会社長崎新聞社

そのぎ茶を使ったかき氷=東彼杵町

 長崎県東彼東彼杵町彼杵宿郷の「明治の民家」に期間限定のかき氷店がオープン。懐かしい雰囲気の日本家屋で、そのぎ茶など地元ならではの味の「涼」を提供している。16日まで。
 町の魅力をアピールしながら観光客らをもてなそうと、同郷の家庭料理店「ちゃぶ台 三葉」(澤登舞店主)が2016年から毎年夏に出店している。
 かき氷は、粉末そのぎ茶を使ったシロップでさわやかな風味を楽しめる「そのぎ茶」、町産のイチゴで作ったソースをかけた「いちご」、九州産ふくゆたか大豆を原料にした「きなこ」の3種類。氷は多良岳山系の伏流水から製造する「大村製氷」(大村市)で仕入れるなど、こだわりのかき氷を味わえる。
 各600円。開店時間は午前11時~午後4時。