Windows 10ミニTips 第529回 Microsoft Edgeが記憶したパスワードを別のアプリで管理する

©株式会社マイナビ

「Windows 10ミニTips」は各回の作成時点で最新のWindows 10環境を使用しています。

Microsoft EdgeはWeb上で入力したID/パスワードを記憶する機能を備えている。Microsoftアカウントでサインインすれば同期対象に含まれるため、基本的にバックアップする必要はない。

だが、サードパーティーのアプリでパスワードを管理したい場合は、Microsoft Edgeが備えるエクスポート機能を使用する。

Edgeの設定からエクスポートする

Microsoft Edgeはインポート機能も備えているが、対象となるのは他のWebブラウザーのみ。エクスポートしたファイルはカンマ区切りのCSVファイルのため、そのまま取り込むことはできない。

対応するWebブラウザーは旧Microsoft Edge、Internet Explorer、Google Chromeなど、インストール済みWebブラウザーに応じて変化するようだ。手順は煩雑になるが、他のWebブラウザーでエクスポートしたパスワードファイルを読み込み、上図で示した手順でMicrosoft Edgeに取り込む方法もある。