"違反切符交付"で住所知ったか…暴行・脅迫容疑で逮捕の北海道警巡査部長 「ストーカー目的」で自宅へ?

©北海道文化放送株式会社

30代女性の肩をつかみ、脅迫したとして逮捕された北海道警の巡査部長が、被害を受けた女性に交通違反切符を交付していたことが分かりました。その際、住所を知った可能性があります。

北海道警の巡査部長で函館西警察署交通課に勤務する谷内章憲容疑者(40)は、7月27日夜、北海道南部の30代女性の肩をつかみ「大声を出すと殴る」と言ったとして暴行と脅迫の疑いで逮捕、送検されています。

北海道警によりますと谷内容疑者は、自宅に入ろうとした女性に道を訪ね犯行に及んだあと、大声を出されたため逃走。

これまでの調べで、以前この女性に交通違反切符を交付していたことが新たに分かりました。

警察は、谷内容疑者がその際女性の住所などを知り、ストーカー目的で自宅を訪ねた可能性もあるとみて調べています。