SNSの知人を遺棄容疑 県警が男女逮捕 犯人隠避疑いで別の女も

©株式会社上毛新聞社

日向見川に架かる摩耶大橋=7日、中之条町四万

 会員制交流サイト(SNS)で知り合った女性の遺体を川に遺棄したとして、群馬県警捜査1課と吾妻署は7日、死体遺棄の疑いで、栃木県日光市出身の住所不定の会社員の男(34)と埼玉県久喜市鷲宮の無職の女を逮捕した。また、両容疑者に関する犯人隠避の疑いで、神奈川県茅ケ崎市円蔵の派遣社員の女(24)を逮捕した。群馬県警は女性に対する殺人容疑も視野に詳しく捜査している。

◎橋から落とされたか 女2人は逮捕容疑を否認

 死体遺棄容疑で逮捕された2人は、7月31日夜から8月5日朝までの間、中之条町四万の日向見川に川崎市多摩区菅の無職の女性(48)の遺体を遺棄した疑いが持たれている。

 派遣社員の女の逮捕容疑は、両容疑者の逮捕を免れさせる目的で、5日未明から6日正午ごろまでの間、吾妻署に複数回電話し、「高崎駅でレンタカーを借りて山で自殺しようとした」「7月30日は、レンタカーは私が返しました」などと虚偽の事実を伝えた疑い。

 県警によると、死体遺棄容疑について、男は容疑を認め、女は「自分で手を下していません」と否認している。犯人隠避の疑いで逮捕された女も「言わされただけです」と否認。遺体で見つかった女性は日向見川の中であおむけで倒れていた。死因は胸などを強く打った外傷性ショックで、頭部は激しく損傷していた。県警は川に架かる摩耶大橋から落とされたとみて、詳しく捜査している。4人はSNSを通じて知り合い、レンタカーで行動していたとみられる。

 5日午前7時50分ごろ、日向見川に釣りに来た男性(35)が変死体を見つけ、110番通報した。6日午後、行方不明者として届け出がされていた犯人隠避容疑の女が、男らとともに宮城県内で見つかり、遺体で見つかった女性名義の免許証を持っていたことから、関連を捜査していた。